研究会のご案内
リエゾンラボ研究会
HIGOプログラム最先端研究セミナー
共催:文部科学大臣認定「発生医学の共同研究拠点」

人材交流活性化と情報交換のための定期的な集会としてリエゾンラボ研究会(HIGOプログラム最先端研究セミナー)を開催します。

 

【HIGOプログラムからのお知らせ】

HIGOプログラムでは、医学教育部で開催されてる大学院セミナー(「医学・生命科学セミナー」「名医に学ぶセミナー」「国際先端医学セミナー」)を最先端研究セミナーとして認定しています。 大学院セミナーのホームページはこちら

 

【内容】
研究発表・討論

 

【日時】
毎週水曜日 12:00-13:00
※曜日、時間、会場は変更になることがあります

 

【場所】

■発生医学研究所1Fカンファレンス室
当面の間、会場とオンライン(Zoom)のハイブリッド形式とし、会場への入室は20名までとします。
ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください。

 

【対象】

本学在籍者であれば学部生から教職員まで参加できます。 参加にあたりリエゾンラボ研究会登録(随時受付)をしてください(機器利用申請とは別です)。

 

【問い合わせ先】

運営担当 センター事務 高村 (内線6577)

 

リエゾンラボ研究会登録方法についてはこちら

※登録が間に合わなければ当日オブザーバー参加でも結構です。

 

次回リエゾンラボ研究会(招待演者)のお知らせ

2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度

2021年3月22日(月)*  17:30~18:30*

日本語での開催です
ZOOMで開催します
*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=78273
発表者
入江 徹美
熊本大学 薬物治療設計学分野 教授
演 題
Cyclodextrin solves insolubilities in Niemann-Pick disease Type C
担当分野
幹細胞誘導 江良(内線:6589)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2021年3月22日(月)*  17:00~17:30*

日本語での開催です
ZOOMで開催します
*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=78273
発表者
松尾 宗明
佐賀大学医学部 小児科学講座 教授
演 題
ニーマンピック病C型に対するシクロデキストリン療法の効果
担当分野
幹細胞誘導 江良(内線:6589)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2021年3月3日(水) 12:00~13:00

ZOOMで開催します
*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=78273
発表者
小野寺 理 Osamu Onodera
新潟大学脳研究所 脳神経内科講座 教授
演 題
Intravenous AAV-delivered CRISPR / Cas9 Gene therapy for DRPLA mice.
担当分野
幹細胞誘導 江良(内線:6589)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2021年2月17日(水) 12:00~13:00

ZOOMで開催します
*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
発表者
金田 篤志 Atsushi Kaneda
千葉大学大学院医学研究院 分子腫瘍学 教授
演 題
Virus rewires chromatin structures and enhancers of host cells to induce tumorigenesis
担当分野
ゲノム神経学分野 塩田(内線:6633)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2021年1月27日(水) 12:00~13:00

ZOOMで開催します
*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
発表者
小川 佳宏 Yoshihiro Ogawa
九州大学大学院 医学研究院病態制御内科学分野 教授
演 題
Pathogenesis of Diabetes: New Insight from Partial Pancreatectomy
担当分野
腎臓内科 向山(内線:5164)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし