国際先端研究拠点
国立大学法人熊本大学 国際先端研究拠点
「幹細胞を用いた臓器再建と次世代医療・創薬を目指す国際的研究教育拠点」
International Research Core for Stem Cell-based Developmental Medicine

研究成果発表に係る費用の支援について

 

 

国際先端研究拠点ホームへ

1.プログラムの目的

発生医学研究所を中核としたグローバルCOE事業及び平成20年度に採択された拠点形成研究Aで蓄積した活動実績および異分野の研究者が集結したリエゾンラボを最大限に活用して、本拠点では、幹細胞を用いた臓器再建、次世代の医療・創薬の実現に向けて、研究推進を図り、本学の研究拠点大学構想に相応しい研究教育システムを構築するものです。国際的に活躍できる若手人材育成と国際競争力のある研究推進の双方を担う事業へと展開し、本学の生命科学系の発展をリードする国際先端研究拠点体制を実現していきます。

 

2.申請有資格者

国際先端研究拠点メンバーの研究室に所属する若手研究者(助教、特任助教、ポスドク、大学院生を含む)

 

3.支援の対象

国際先端研究拠点の目的に合致した研究成果に係る以下の費用

(1)学術集会参加に係る旅費、日当、宿泊費及び参加費
申請者が筆頭演者としての国外あるいは国内における学術集会での発表(ポスター発表を含む)で、申請時に演題等を学術集会事務局に提出済みのものに限ります。

詳細については、こちらをご参照ください。

 

(2)論文掲載費用
申請者が筆頭著者又はコレスポンディングオーサーである論文に限ります。
いずれの費用も、予算の範囲内で支援を行います。なお、支払いが今年度内になされないものについては、支援できません。

 

4.支援額

(1)旅費、日当、宿泊費及び学術集会参加費
ただし、旅費、日当、宿泊費については、格安運賃あるいはパック旅行等を利用した経済的手段によるもので、本学の旅費規程の範囲内となります。

(2)論文掲載費用

論文の国際誌への掲載料の額

 

5.申請方法等

【申請方法】

(1)旅費、日当、宿泊費及び学術集会参加費
所定の様式を用い、必要書類を添付して、下記担当へ提出してください。

(2)論文掲載費用

書類申請の前にまずは事務局までご一報ください。

 

(1),(2)提出書類等の詳細については、こちらをご参照ください。

 

申請様式 (MS Word 22KB)

 

【申請時期】

(1)旅費、日当、宿泊費及び学術集会参加費
出発の2週間前まで
(2)論文の掲載費用
支援可能な論文掲載後速やかに(書類申請の前にまずは事務局までご一報ください)。

締め切り日以降の学会参加や、情報が確定せず申請書が提出できない場合は、概略で構いませんのでご相談ください。

 

6.選考方法等

国際先端研究拠点メンバーにて選考します。

 

7.その他

上記のほか、別紙に記載された事項に十分留意してください。
また、上記の内容は、補助金取扱要領や学内規則等により変更される場合があります。

最新の情報は、下記HP上をご覧ください。
http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/kokusai/

 

【本件担当(問合せ先)】

熊本大学
生命科学先端研究事務課 センター事務チーム
担当 高村 美貴子
〒860-0811  熊本市中央区本荘2-2-1
Phone : 096-373-6577
E-mail: m-takamura*kumamoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)