研究支援・各予約
高速シークエンサー解析支援

高速シークエンサーを用いたDNA配列解析の研究支援を以下の要領で行います。

対象

支援の対象は(1)発生研の研究グループと(2)リエゾンラボ研究推進施設登録(コラボレーション)グループです。サンプルは発生医学研究に関するものを受け付けます。

 

NextSeq500 シーケンス

・イルミナ社製 NextSeq500

 

【High Output】

4億シングルリード、75bp
8億ペアエンドリード、75bp×2
8億ペアエンドリード、150bp×2

 

【Mid Output】

2.6億ペアエンドリード、75bp×2
2.6億ペアエンドリード、150bp×2

 

 

※イルミナ社NextSeq500による高速シーケンス解析については、最初に直接お打ち合わせをした上で、支援を進めます。
まずは臼杵(usu(at)kumamoto-u.ac.jp)  までメールでお問い合わせ下さい。

 

支援案内はこちら (PDF  87KB)

 

・NextSeqシーケンス支援 申し込み様式(Library作製+シーケンス) [pdf : 78KB]

 

・NextSeqシーケンス支援 申し込み様式(Library作製済みシーケンス) [pdf : 70KB]

 

 

Ion Proton シーケンス

・ライフテクノロジーズ社製 Ion Proton
スループット(P1v2 chip):約8Gb、リード長~200bp

 

・ライフテクノロジーズ社製 Ion PGM
スループット(318v2 chip): 約1Gb、リード長~400bp

 

支援案内はこちら (PDF  80KB)

 

 

NGS解析用Linuxサーバの利用について

次世代シーケンサー(NGS)データを用いた論文で使用されている、解析ソフトウェアを導入したLinuxサーバのリソースを提供しています。ChIP-seq,RNA-seqやsingle cell RNA-seqの解析パイプラインで使用する主なツールを導入しています。発生研内のみSSH経由でのアクセスが可能です。

利用には、最初に解析講習会への参加と利用登録が必要になります。
お問い合わせは臼杵(usu(at)kumamoto-u.ac.jp)まで。

 

主な利用可能ソフトウェア

fastqc,cutadapt,bwa,bowtie2,tophat2,hisat2,star,RSEM,cufflinks,homer,MACS2,samtools,bedtools,cellranger等

主な生物種のリファレンス
ヒト、マウス、ショウジョウバエ、カニクイザル等(UCSC/Ensembl/NCBI/FlyBase等各種)

 

 

 

ヒトゲノム・遺伝子解析研究(パーソナルゲ丿ム解析)について

1) ヒトゲノム・遺伝子解析研究のサンプルの場合は、熊本大学大学院生命科学研究部等ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理委員会の、ヒトゲノム・遺伝子解析研究審査結果通知書のコピーを申し込み時に提出して下さい。熊本大学以外の施設で調製されたサンプルの場合、その施設での倫理審査で承認を受けたことを示す書類のコピーを提出して下さい。
2) 解析用のサンプルには続き番号だけを書き匿名化して下さい。