研究会のご案内
リエゾンラボ研究会
HIGOプログラム最先端研究セミナー
共催:文部科学大臣認定「発生医学の共同研究拠点」

人材交流活性化と情報交換のための定期的な集会としてリエゾンラボ研究会(HIGOプログラム最先端研究セミナー)を開催します。

 

【HIGOプログラムからのお知らせ】

HIGOプログラムでは、医学教育部で開催されてる大学院セミナー(「医学・生命科学セミナー」「名医に学ぶセミナー」「国際先端医学セミナー」)を最先端研究セミナーとして認定しています。 大学院セミナーのホームページはこちら

 

【内容】
研究発表・討論

 

【日時】
毎週水曜日 12:00-13:00
※曜日、時間、会場は変更になることがあります

 

【場所】

■発生医学研究所1Fカンファレンス室
当面の間、会場とオンライン(Zoom)のハイブリッド形式とし、会場への入室は20名までとします。
ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください。

 

【対象】

本学在籍者であれば学部生から教職員まで参加できます。 参加にあたりリエゾンラボ研究会登録(随時受付)をしてください(機器利用申請とは別です)。

 

【問い合わせ先】

運営担当 センター事務 高村 (内線6577)

 

リエゾンラボ研究会登録方法についてはこちら

※登録が間に合わなければ当日オブザーバー参加でも結構です。

 

次回リエゾンラボ研究会(招待演者)のお知らせ

2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度

2022年5月18日(水) 12:00~13:00

*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=95315
発表者
鍋倉 淳一 Junichi Nabekura
自然科学研究機構生理学研究所 基盤神経科学研究領域 教授
演 題
Long term-remodeling of neuronal circuits in vivo: neuron-glia interaction.
担当分野
知覚生理学 宋(内線:5056)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2022年4月27日(水) 12:00~13:00

*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=95315
発表者
山口 良文 Yoshifumi Yamaguchi
北海道大学大学 低温科学研究所 冬眠代謝生理発達分野 教授
演 題
A food-storing facultative hibernator Syrian hamster as a model animal to comprehend the mysteries of mammalian hibernation from genetic and physiological aspects
担当分野
老化健康長寿 三浦(内線:6852)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2022年4月20日(水) 12:00~13:00

*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=95315
発表者
中川 真一 Shinichi Nakagawa
北海道大学大学院薬学研究院 RNA生物額研究室 教授
演 題
Biology of nondomain biopolymers
担当分野
分子遺伝学 尾池(内線:5142)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし

2022年4月13日(水) 12:00~13:00

*ZOOMミーティングのURL、パスワードは熊本大学Moodleの「HIGO最先端セミナー」にてご確認ください
https://md.kumamoto-u.ac.jp/course/view.php?id=95315
発表者
山本 亘彦 Nobuhiko Yamamoto
大阪大学大学院生命機能研究科 細胞分子神経生物学 教授
演 題
Plasticity of Neuronal Circuits in the Mammalian Brain
担当分野
脳発生 嶋村(内線:6583)
薬学部研究棟2F多目的ホールとの中継 なし